受講して得られたことは、スキルだけじゃない。
受講講座 ライティングカレッジ・6回コース
受講時期 2021年卒業

はじめまして。双子パパのオミトーです。
このたび2021年1月から3月まで受講したライティングスクール
「ライティングカレッジ」についてのインタビューを受けました。
はじめてのインタビュー記事になりますので、ぜひ読んでみてください。

オミトー
広告プロデューサー歴15年、5歳双子男児の父。
「子どもの将来を豊かに」するための子育てや幼児教育について、Twitter、note、スタエフなどで情報発信中。

—本日はよろしくお願いします!
早速ですが、ライティングカレッジ(以下ライカレ)に入られたきっかけについて教えてください。

2020年の2月に自分のブログを立ち上げて、最初は見よう見まねで記事執筆を続けていました。でも半年くらいでだんだんしんどくなり、とうとう更新が止まってしまったんです。
ちょうどその時、ライカレの事前相談会の告知を見て「ライティングスキルが上がれば、ブログ記事がもっと楽に書けるようになるかな」と思ったのが参加したきっかけです。

ーオンラインのライティングスクールは他にもたくさんありますが、ライカレを選んだのはなぜですか?

講師のまよ先生の事前相談会を受講して、「あ、この人の講座は間違いないな」と直感的に感じたからです。ライティングの型とか、人を動かすための表現・考え方など。テクニックはもちろんなのですが、それだけじゃない。「未経験でもライターとして第2の収入源を得られる」というコンセプトの通り、「ぜったいに稼いでほしい!」という熱意がすごいんです。

ー情熱があったんですね! まよ先生の講義はきびしかったですか?

いえ、きびしくはなかったですね。でも 受講生がつまづくポイントをかなり研究されていて、徹底的にフォローしてくれるんです。たとえば全6回の講義とは別枠で「出遅れ組の会」を個別に作り、遅れ気味な人だけのための補講をしてくれたりします。
僕も終盤、本業が繁忙期のため課題提出が間に合わなくなり、この「出遅れ組の会」はとてもありがたかった。同じ目標を持った仲間もでき、なんというか毎日がとても充実していました。

ー濃密な3カ月だったのですね。ライカレを卒業されて、どのようなスキルが身につきましたか?

文章力が向上したのはもちろん、ライティングの仕事を新規で受注できるようになりました。あとツイッターのフォロワーが3倍に増え、止まっていたブログやnoteの記事執筆も再開できました。
いまは電子書籍の執筆をコツコツ進めています。じつは卒業までに完成させることができず、まだ継続中なんです…。
ライカレは電子書籍を出版するまで最長2年フォローを受けられるので、いまでもまだ、まよ先生にはお世話になっています。

ーこれからどのような活動をしていきたいですか?

2021年4月から「ものかき大学(以下ものがく)」というライカレ卒業メンバーで構成されたコミュニティーに入っています。「ものがく」ではいろんなプロジェクト(学部)が立ち上がっていて、みな自分のやりたい学部で好きなタスクにコミットしています。
僕は「ものがくキッズ」という子どもを持つパパママのメンバーが集まった学部に所属していて、いまは「小学生向けオンライン作文教室」の立ち上げに関わっています。作文の苦手な子どもに「文章を書く楽しさを伝えたい」という志を持ったメンバーと、楽しみながら企画を進めています。

ー最後に、ライターをめざしている人にメッセージをお願いします!

ライティングは、AIに代替されない無双のスキル。いろんな仕事に応用が利くので、学んでおいて損はありませんよ。僕のように本業が忙しい人こそスキマ時間ではじめられるので、ぜひやってみてほしいです。いつか「ものがく」で一緒にプロジェクトを推進していけたらいいですね。

「ライカレ」を卒業して、自身のライティング力やSNSの発信力が格段に上がったという実感があります。そして「ものがく」は、僕にとってのサードプレイス(第三の場所)になりました。仲間もたくさんできて、毎日がとても充実しています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ライティングカレッジ

 

 

|プロフィール

氏名:オミトー

肩書:双子パパ、ブロガー

Twitter:https://mobile.twitter.com/omitoh_tw

ブログ:https://omitoh.com/

他の受講者の声

できるかできないか考えず、とにかく「受講する」という行動を。
ライカレで53歳にして「言語化してアウトプットする」という方法を学んだことで、いままで貯め込んできた経験や思いを表現する術を得て、自分の中で「循環」し始めた感じがしています。Twitterやnote、クラウドワークスでの仕事、電子書籍などすべてアウトプット。方法を教えていただき、少しずつですが継続できていることに驚いています。1年前には私がTwitterをやるなんて考えられなかったことです。どれもコメントをいただいたりいいねをいただくことで励みになっています。
受講講座 ライティングカレッジ・6回コース
受講時期 2021年卒業
オンラインスクールでも濃ゆい仲間ができました。
学びは見えているものだけではない。まよ先生は「Twitterを通してまずは同期と仲良くなってね」なんて一言も言っていないのに、必然的にそうなるように仕向けられているのは、なんと言うか…「すごいなぁ」としか言えないです。先生から渡される課題に真摯に向き合うことで「同期の絆」のように、気が付かないうちに手に入るものが多くあると感じています。

とりあえず今は、素直に課題や先生の提案に向き合うこと。

いつか振り返った時に「あ、今私の手元にある”これ”はあの課題を通して手に入ったんだな」と気づくものが多くあるだろう。

ライカレは「ただのオンラインスクールじゃない」。

まだ始まったばかりだけど、もう、そう感じている。
受講講座 ライティングカレッジ・6回コース
受講時期 2021年卒業